矢作ルンドベリ智恵子(やはぎるんどべりちえこ)/スウェーデン・ストックホルム

   【スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェー】 2004年よりスウェーデン・ストックホルムに在住。現在、ストックホルム県、テ-ビー 市に在住。日本では、在日スウェーデン大使館、商務部でビジネスコンサルタント業務に携わる。 現在は、ストックホルムにて、海外リサーチ、ビジネスサポート業務、メディアコーディネート、視察のアレンジなどを手掛けています。また、通訳や翻訳、ライターとしても活動しており、共同通信、デジタルサイトコラム『世界から』に、スウェーデンの社会、生活情報を紹介しています。 Global Press会員、ストックホルム公認ガイド サステイナブルな社会を目指して、スウェーデン、北欧から様々な情報・アイデアを日本に提供 しています。スウェーデンと日本の架け橋となるべく、ビジネス、経済、政治、環境、エネルギー、教育、福祉、ジェンダー、ワークバランス、建築、デザイン、観光、文化など様々な分野でサポートいたします。
続きを読む

ひょうごみき/フィンランド・コッコラ

    【英国、ロンドン、シンガポール、フィンランド】 日本の大学卒業後イギリスへ移住し、当初は1年滞在のはずが、その奥深さと異文化に魅了され、気づくと合計7年半の滞在に。その後ぐんと南下して、シンガポールに4年、バンコク8ヶ月の南国暮らしを体験。そしてそんな赤道直下からまたもやぐんと北上して、北極圏に近いフィンランドの田舎町コッコラに移住して、3年。街で唯一の日本人として、フィンランドの会社でフィンランド人と一緒に働いたり、とローカル色満載な生活を体験。2018年6月にフィンランド人夫との間に男の子を出産後、9月よりエスポー市へ移住。世界一子育てしやすい国と言われる国にて子育て真っ只中で、現在は産休中。 各移住先ではローカルの会社で現地人と共にグラフィックデザイナーとして働きながら、現地のリアルな生活を垣間見る&体験、たまに執筆や翻訳も担当。 失敗も多々あるものの、どれも喉元過ぎれば笑い話となる面白い経験になっています。どうぞよろしくお願い致します。
続きを読む

筒美妙子(つつみ たえこ)/フランス・パリ

   【フランス・パリ】 パリを拠点に、フランス、ベルギー、スイス(フランス語圏)で撮影コーディネーターをしております。 お受けする業務は、撮影コーディネーション、各種レポート(TV、ラジオ)、写真撮影、小型ビデオカメラ撮影、通訳、翻訳、リサーチ、メディア広告等。イギリス留学1年、ニューヨーク在住6年、フランス在住12年の経験を生かして情報を発信してます。ラジオは、NHK、J-WAVE等に出演、TVコーディネートは、NHK、TV東京、MBS、フジTV、TV朝日等の番組を担当させていただきました。取材インタビューは、英語・仏語とも可。サイト
続きを読む

川人わかな(かわと わかな)/フランス・パリ&ニース

   【フランス、英国、ギリシャ、イタリア、スペインなどヨーロッパ全域】 フリーランスライター・編集・コーディネイター・通訳(日英仏)・フォトグラファー 南仏ニースやパリの、食やデザイン、ライフスタイルの取材や広告&TV撮影のコーディネイトを中心に活動している。ヨーロッパ全域を取材範囲としており、ヨーロッパ数カ国を横断するような企画を担当することも多い。 得意分野:サスティナブル、オーガニック、食、アート、ファッション、建築、美容&健康など。 ———————————————————————————— <経歴> ロンドン大学キングスカレッジ大学院でアートマネージメントを専攻後、日本で編集者・ライターとして、食カルチャー雑誌やアートウェブマガジンに携わる。紙とデジタルそれぞれの媒体の特徴を活かした取材、ページ作りを得意とする。また、TOYOTAやSONY, PHILIPS、IKEAなどをはじめとした、有名ブランドの広告編集コンテンツ制作も長年担当。2017年に『世界の夢のパン屋さん』大和田 聡子(監修)川人わかな(著)を出版。
続きを読む

わだまきこ/マレーシア・クアラルンプール

  【マレーシア、クアラルンプール】 早稲田大学大学院(教育学)修了後、大手渉外法律事務所の秘書、翻訳会社勤務を経て、2012年よりクアラルンプール在住。翻訳関連の仕事(日英・英日)から、雑誌、本、ウェブコンテンツ、レポートの執筆や市場リサーチまでフリーランスで幅広く活動中。広告撮影、TV・ラジオ番組のコーディネート実績あり。愛犬の寝息を聞きながらの仕事は何より幸せ!?ママ世代の永遠のテーマ、ワーク・ライフ・バランスを目指して、子育てに、仕事に日々奮闘中。(執筆実績はこちら)
続きを読む

實川絢子(じつかわ あやこ)/英国・ロンドン

    【ロンドン、その他英国都市、パリ】 ライター・翻訳(英日/日英)。2007年より英国ロンドン在住。東京大学大学院総合文化研究科およびロンドン・シティ大学大学院文化政策運営研究科修了。 執筆実績:バレエ経験及び舞踊史研究歴を生かし、これまでの執筆活動はおもに舞台芸術関係が中心になりますが、文学、アート、音楽、食、その他カルチャーなど幅広く対応できます。コーディネーター経験もあります。 ―世界文化社『Love Ballerina』 ―NBS日本舞台芸術振興会 プログラム、NBS NEWS寄稿 (バーミンガム・ロイヤル・バレエ団、シュツットガルト・バレエ団、ハンブルク・バレエ団、シルヴィ・ギエムファイナルツアー、英国ロイヤル・バレエ団、イングリッシュ・ナショナル・バレエ団) ―エル・ジャポン2015年12月号シルヴィ・ギエム特集インタビュー記事寄稿 ―新国立劇場会員情報誌「ジ・アトレ」に特集記事、作品解説、インタビューを掲載 ―アレクサンドラ・モス著『ロイヤルバレエ・スクール・ダイアリー』5・6・8巻 巻末読み物「バレエの歴史」、「代表的な演目」および佐久間奈緒インタビュー 寄稿 ―…
続きを読む

ダグラス・ライオン(Douglas E. LYON)/フランス・パリ

  【フランス・パリを拠点にヨーロッパ全域、アフリカ全域(50ヶ国以上の実績と現地ネットワーク有り!)】 パリ、フランスを拠点に各メディアの皆様へフランス、ヨーロッパ全土とアフリカ大陸全域の現地ロケ情報と最適なコーディネートを提供している撮影コーディネーターです。数年に渡るフランス全土での活動経験の後、ヨーロッパ全域からアフリカ大陸まで、50数カ国での数百回のおよぶ取材やロケ撮影を行ってきた実績により、ダグラス・ライオンは、日本のテレビ番組制作業界でも高い評価を得ることができました。 業務 : 撮影現地での取材やロケ準備に関するあらゆる手配、コーディネーション、そして番組(報道,ニュース、衛星中継 / 電送、ドキュメンタリー、テレビドラマ、バラエティー、コマーシャルなど)制作全面に関する幅広いロケーションサービスを提供しています。 各国在住のベテランスタッフがいますので経費削減に努めます:ご予算をご提示頂き、ご希望に合わせて、期待以上の結果を実現出来る為にアドバイスさせて頂きます。パリ、フランス、ヨーロッパー又はアフリカでのロケのコーディネーション、機材、クルー、ロケ地のリサーチ等に関…
続きを読む

関根えり(せきね えり)/米国・サンフランシスコ

    【サンフランシスコ、ワインカントリー、シリコンバレー、サンタバーバラ】 アメリカ在住歴22年、サンフランシスコは19年になります。この街の魅力は、都市と自然と畑、ワインカントリーが近く、豊富な食材とワインなど美味しいものが豊富にあるところです。世界をリードするグルメ、オーガニック文化をご紹介します! 略歴:福岡出身、関西育ち。1996年カリフォルニア州に移住。大学卒業後出版社に就職。2000年より人気タウン誌のサンフランシスコ支局長を6年務めた後、フリーランスに移行。現在サンフランシスコのグルメ、オーガニック、ライフスタイルを専門としたコラムを寄稿しながらコーディネーターとして活動。 最近の主な仕事 著書  『カリフォルニア・オーガニックトリップ』(ダイヤモンド社) 雑誌 ELLE Gourmet 「サンフランシスコはベジセントリック主義」特集 (2017) ビール王国 サンフランシスコ クラフトビール最前線(2017) 西海岸インテリアスタイル 「SFライフスタイルショップ最新情報」(2017) コラム:Restaurant News 2003~ , Hirokow…
続きを読む

伊藤葉子(いとうようこ)/米国・ロサンゼルス

  【南カリフォルニア】 カリフォルニア大学アーバイン校スペイン語学科を卒業後、ピューリッザー賞を受賞しているオレンジカウンティ・レジスター新聞社に勤務。99年に再渡米し、夫と新婚生活をヨットで過ごす。不妊治療により、高齢で二児をもうける。子育てをしながら学校にもどり、臨床検査技師の資格を得る。現在はイーストロサンゼルスにある病院で、検査を続ける毎日を送る。
続きを読む

有馬めぐむ(ありま めぐむ)/ギリシャ・アテネ

    【アテネ、エーゲ海の島々などギリシャ全土】 ギリシャ・アテネ在住フリージャーナリスト。名古屋の出版社で記者職を経験後、2000年よりフリーランス。05年国際会議コーディネートの仕事でギリシャに滞在後、07年結婚を機に移住。ギリシャの財政危機、難民危機、動物保護、ライフスタイル、観光情報など、多角的に日本のメディアに発信中。子供が幼いため、コーディネート業は休止しているが、記事執筆、各種リサーチ、テレビやラジオへの電話出演などは多数こなしている。 共著: 『動物保護入門ードイツとギリシャに学ぶ共生の未来』 (世界思想社)、 『お手本の国のウソ』(新潮新書)、『世界で広がる脱原発』、『世界が感嘆する日本人』(共に宝島社新書) ウェブ記事 :All About ギリシャガイド NewsPicksギリシャ・トリカラ市が挑戦した無人の自動運転バスプロジェクト 雑誌 :月刊日経ウーマン、ミセス、新潮45、連合、ジュニアエラ、婦人通信、週刊金曜日、週刊現代、週刊新潮、週刊エコノミストなどに寄稿。
続きを読む

林由恵 (はやし ゆえ)/中国・海南島

   【中国 海南島】 2008年より、ハワイと同じ緯度にあるリゾートの島、中国、海南島へ移住。もともとは語学留学だったが、海南島の温暖な気候、おいしい果物、食事、そして地元島民の明るく暖かい人柄と中国の文化の面白さに惹かれ、そのまま定住。中国ヨガの会社にて通訳・翻訳の仕事をした後、現在は海南大学で教師をしている。一方でブログ「海南島からの手紙」やホームページ「Study in 海南島」等インターネットで、中国海南島の良さを日本に広める為、日々奔走中。他にもNHKBS「地球エルモンド」、NHK Eテレ「テレビで中国語」、朝日新聞出版「ジュニアエラ」、マガジンハウス「Tarzan」、木楽舎「ソトコト」、アルク「アルコムワールド」等、様々なメディアで海南島を紹介。趣味はサーフィン、旅行、二胡演奏。海南島はマリンスポーツの盛んなリゾート地でもあるので、サーフィン、ウィンドサーフィンやダイビング等のマリンスポーツ関係も得意。日本では映画プロデューサーとしてフィリピンを舞台にした「天国から来た男たち」等様々な映画を制作した経歴を持つ。
続きを読む

中森有紀(なかもりゆき)/スペイン・バルセロナ

    【スペイン、バルセロナ】 フリーライター、通訳・翻訳、リサーチャー&コーディネーター。大学在学中にスペインへ1年留学。卒業後、地元名古屋で書店に就職+夜は塾講師。2001年に現地日系企業で働くためにバルセロナへ移住。子育てをしながら、マガジンアルク、ディスカバージャパン、オリコン英会話教室ニュース、AMP、いこーよ、などに寄稿中。人生のモットー「勢いですすめ!勘こそが正しい」【得意分野:料理、映画、サッカー、リーガ、スペイン現代史、スペイン経済・政治、スペイン文化、教育、漫画、言語学、健康、経理】放送メディア: J-WAVE Music Hyper Market、ZIP-FM Morning Charge、NHK地球ラジオなど。HP[うきうきバルセロナ] ツイッター  
続きを読む

近藤直子(こんどうなおこ)/ハンガリー・ブダペスト

   【ハンガリー】 ハンガリー撮影コーディネーターの近藤直子と申します。TV・ハリウッド映画のロケ地として人気があるハンガリーを拠点に中欧・ロケーション・サービスを行っております。経験豊富な撮影クルーや車両・空撮・ドローンや特殊機材などの手配の他、ロケ地探し、海外公演・コンサート、会議、心のこもったVIP対応を承ります。中欧・ハンガリー撮影コーディネート会社 Japan Media Production Bt ◆政府奨学生として渡洪。コダーイ研究所、リスト音楽院合唱指揮科、エルテ大学留学。中欧・ハンガリー撮影コーディネート会社(Japan Media Production Bt)代表。合唱指揮者。欧州列車の旅とスポーツ観戦が趣味。(ユーロナイトでドイツ・ブンデスリーガ卓球観戦に行って参りました!) <紀行番組>「世界の車窓から」、「世界の窓」、「関口知宏ヨーロッパ鉄道の旅」、「欧州音楽紀行」他 <スポーツ番組>2018年ブダペストエアーレース、2017年ブダペスト世界柔道選手権(生中継)、2017年世界水泳選手権、レスリング世界選手権、ヨーロッパフィギュア・スケート選手権 <ドキュメ…
続きを読む

クローディアー真理(くろーでぃあーまり)/ニュージーランド・ニュープリマス

   【ニュージーランド、オーストラリア・ノーフォーク島】 東京で海外情報を担当する編集者・ライターとして約8年間勤務。1998年にニュージーランドに移住してからは、オークランドを拠点に、オークランド戦争記念博物館でのボランティアと短期事務、地元日本語誌の編集に携わる。その後、仕事仲間3人と総合メディア会社を立ち上げ、他誌より一歩踏み込んだ内容の季刊誌を発行。同時に日本の出版社からの依頼で、ガイドブックや雑誌などの取材・執筆を行う。 2003年からはニュープリマスに居を移し、フリーランスライター/ジャーナリストとして活動を開始、現在に至る。ニュージーランド航空やニュージーランド観光局の発行物やウェブサイトなどへの寄稿を経て、近年は国内はもとより英語圏の国々の環境、ビジネス、テクノロジー、先住民マオリを含む文化、子育て/教育といった分野のリサーチ・取材・執筆を行う。ニュージーランド人の夫、 娘、猫と、移築した築100年を超える家で木々に囲まれて暮らす。詳しいプロフィール、最近手がけた仕事などは、ホームページで。 <主な仕事> 『サステナブル・ブランドジャパン』◆『alterna』(株式会…
続きを読む

佐武辰之佑(さたけ たつのすけ)/イタリア・ミラノ

    【イタリア・ミラノ】 1976年生まれ。富山県高岡市出身。英米文学科卒業後、海外放浪を始め、同時に小説などの執筆活動を始める。 2007年よりイタリア・ミラノ在住。フリーライター、フォトグラファーとして雑誌やWEBサイトに記事を投稿。Kindleにて小説『母へ』も発売中。イタリアミラノの観光情報サイト「アーモミラノ」責任者、各コーディネートも承っています。HPにて委細がご覧いただけます。ブログも随時更新中。 お気軽にご連絡ください。  
続きを読む

田中ティナ(たなか てぃな)/スウェーデン・エステルスンド

   【北欧、ヨーロッパ、北米スキーエリア】 東京生まれ、湘南育ち。大学では写真を専攻。卒業後、ライターと編集業務に携わり、国内外の旅行ガイドブックや雑誌、スポーツコラムなどの取材、執筆や撮影を生業とする。平行してフリースタイルスキーの国際ジャッジ資格を取得。国内大会からオリンピック(ソルトレイク、トリノとバンクーバー)まで各種競技会のジャッジを務める。2002年より結婚を期にスウェーデン在住。スウェーデン語の学校で友人となった各国からの仲間が、現在ベビーブーム真っ只中。異文化交流を通じで各国の子育て、食、エコロジー、絵本事情などを興味深く観察する毎日。現在、「エイビーロード」にて旬の北欧情報を発信中。  
続きを読む

白石 光代(しらいし みつよ)/グアテマラ・ソロラ市

   【グアテマラ ホンジュラス エルサルバドル ベリーズ】 グアテマラ共和国在住。政府公認観光ガイド、ライター、通訳、コーディネーターなど。地元に根付いた、現地の声が聞こえてくるような仕事を心がけています。グアテマラの子どもたちの学業支援、女の子たちの生活自立支援をする「青い空の会」の代表。
続きを読む

栗田路子(くりた みちこ)/ベルギー(ワーテルロー、でもブリュッセル郊外)

   【ベルギー(仏語圏および蘭語圏)、イギリス、フランス(パリ)】 豊かな(波乱万丈な?)人生を通して得た幅広い雑学やネットワークを生かし、フリーランス・ライターとしてベルギーおよびEU情報を中心に発信。また、メディア・コーディネータのネットワーク「コーディネーターズ・クラブ・ベルギー」を結成して、その統括役をしています。横浜市出身。日本で大学卒業、広告代理店勤務の後、米・コーネル大学およびベルギー・ルーヴァンカトリック大学にてMBA取得。私人としては、社会的弱者、特に障害児への強い思い入れがあり、英国シェフィールド大学にて広範性発達障害(高機能自閉などを含む)やコミュニケーション障害について研究。エネルギー転換、脱プラ政策、障害者やLGBTなど少数派を包摂する社会、難民移民、医療倫理、BrexitなどをWatch。EUのお膝元ベルギーより、分裂寸前のこの国、そしてEUと日本の今を見つめています。 仲間と始めた自主メディア SpeakUp Oversea's、駐日EU代表部webmagazine EU MAG、ハフポスト、共同47ニュースなどに執筆中。 コーディネーターズ・クラブ・ベ…
続きを読む

プラド 夏樹(ぷらど なつき)/フランス・パリ

   【フランス とくにパリ、ブルターニュ地方】 慶應大学文学部哲学科美学美術史学専攻。1988年に渡仏。パリ市サン・シャルル・ド・モンソー教会にて 主任オルガニストを務めると同時に、フリージャーナリストとして活動。WEBRONZA,ハフポスト、共同通信デジタルEYE、日経ビジネスオンラインなどに寄稿。労働、教育、宗教、性、女性などに関する現地情報を執筆。著書:『フランス人の性 なぜ「#MeToo」への反対が起きたのか 』(光文社新書)、ヤフー個人ブログ:「プラド夏樹の『パリの街角から』」  
続きを読む

冨久岡ナヲ(Nao Fukuoka)/イギリス・ロンドン

   【イギリス、欧州】 ジャーナリスト、コーディネーター、イベント企画制作 <; 得意分野:食、ビジネス、CSR、富裕層向け市場 執筆:日経ウーマンなど日経BP社発行媒体、ニューズウィークfor Women, Alterna, など各種雑誌への取材執筆。EU Mag (駐日欧州連合代表部発行)や英国政府諸庁などの日本語広報媒体への執筆。 SNSとデジタルメディア制作:国際企業の社外/社内向けバイリンガル広報誌、ソーシャルネットワーク(SNS)を利用した日英コンテンツ制作と管理 ビジュアル重視のウェブサイト制作 ローカライズ:ネイティブライターの手で、翻訳文を生きた英語のコピーに仕上げるローカライズ業務請負 食:ロンドンの気鋭シェフや英国の食材プロデューサーをつなげる食のイベント企画制作。これまで十冊の日本料理本(英語)を上梓、グルマン賞アジア料理本大賞受賞、「英国フードライターズ・ギルド」メンバー。 コーディネート業務:視察、市場リサーチ、撮影と取材全般のオーガナイズ、同行、通訳、および日本からの進出企業の展示会出展代行
続きを読む

田口理穂(たぐち りほ)/ドイツ・ハノーファー

   【ドイツ】 ジャーナリスト、ドイツ州裁判所認定通訳・翻訳士、コーディネーター。 日本で新聞記者を経て、1996年よりドイツ在住。ライプニッツ・ハノーファー大学社会学修士。2001年より環境団体「ごみ・環境ビジョン21」に「ドイツだより」を連載のほか、ウェブ言論メディア「Speakup Overseas」をはじめ「オルタナ」「週間金曜日」「環境ビジネス」「アエラ」やEU公式サイトなどさまざま媒体にて、ドイツの環境政策やエネルギー、政治経済など幅広く執筆。自治体や企業、大学、メディアのコーディネートや視察通訳もしている。日常と非日常が交錯する旅が好きで、訪れた国は38カ国。人は本当にわかりあえるのかと、ちらりと考える日々。 著書:『なぜドイツではエネルギーシフトが進むのか』(学芸出版社)、『市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命』(大月書店)、共著:『「お手本の国」のウソ』 『ニッポンの評判』(共に新潮新書)
続きを読む

西川桂子(にしかわ けいこ)/カナダ・バンクーバー

   【カナダ、特にバンクーバー周辺】 フリーランスライター、翻訳者、連載、取材などのコーディネート。バンクーバーの日本語新聞『バンクーバー新報』フリーランス記者。専門は個人情報漏洩など情報セキュリティ(NetSecurity)だが、3児の母として子育て、教育も関心のあるところ。『新報』では在カナダ大使やカナダ政府の産業大臣が出席しての講演会のなど政治関連の取材、昭文社『まっぷるカナダ』、『朝日おかあさん新聞 』のカナダ子育て情報や朝日新聞ウェブサイトの「世界のウチ」などを執筆。『けっこんぴあ』では海外ウエディング情報記事のコーディネートも。
続きを読む

平川さやか(ひらかわ さやか)/英国・ロンドン

   【英国、アイルランド】 北海道札幌市生まれ。 スタジオ勤務を経て、2004年独立。2005年より英国へ移住し、ファッション、カルチャー、インテリア、旅、キッズの分野を中心に、コーディネート、取材、撮影、執筆活動に携わる。テレビ番組ロケ、広告撮影のコーディネーションや、バイイングアテンド、同行通訳も致します。現在、夫と息子と白黒の猫と共にロンドン在住。ファッションウィークの取材は体力と根性で、デザイナーズインタビューには人なつっこさと笑顔で。誠実に人と向かい合う取材を心がけています。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。 *主なクライアント TV製作:日本テレビ、TBS、毎日放送、フジテレビ。 雑誌・書籍:双葉社、宝島社、小学館、阪急コミュニケーションズ、昭文社、マガジンハウス、イーストコミュニケーションズ、JTBパブリッシング、ハースト婦人画報、アノニマスタジオ
続きを読む

シュピッツナーゲル典子(シュピッツナーゲルのりこ)/ドイツ・ハイデルベルク近郊

   【ドイツ語圏(ドイツ・オーストリア・スイス)と欧州】 ドイツ企業東京本社に勤務後、渡独。主な寄稿先 2013年よりYahoo Japan 個人オーサー 、2018年7月の記事では月刊MVAを拝受。日本新聞協会、丸善出版、SignPost, 共同通信デジタルEYE, 日経BP社、日経エコマム、朝日WEBRONZA, 薬局経営者情報誌Class A Field など。政治、社会、書籍業界、医療・医薬品、教育、ビジネス、グルメや観光等の情報を欧州より執筆。市場調査や見本市通訳、TV番組制作リサーチならびにコーディネートも受けています。
続きを読む

スズキマサミ/米国・シアトル

   【米国西海岸、特にシアトル】 就職情報誌の編集者を務めた後、ライターとして独立。三度のメシより海外旅行が好きでトラベル・ライターとして公私共に世界40カ国を駆け巡るが、三十路半ばにして「人生のブレイク」と称して突然アメリカへの語学留学を決行。勢いあまって現地就職し、しばらくシアトルの日本語メディア会社で編集長を務めた後、再びフリーランスライターに。現在はアメリカ人の夫&やんちゃ盛りの二人の息子と共にワシントン州シアトル在住。 (さらに…)
続きを読む

えふなおこ Naoko F/日本・東京都

   【アメリカ(カリフォルニア南部、オレゴン・ポートランド)、韓国(ソウル)、日本(名古屋、大阪、京都、長崎)、フランス、スペイン等】 子供時代から多様な文化と人々に触れ、複数の言語教育(日本語、英語、スペイン語、フランス語、韓国語)を受ける。テレビ局、出版社、法律事務所勤務を経てフリーランサー(翻訳、ライター)。翻訳言語は英->日、日->英、韓->日、翻訳チェッカーとして英->日、日->英、韓->日、フランス->日、スペイン->日を担当。翻訳分野は契約書、ビジネス、金融、会計、ニュース、スポーツ等。ライターとして得意なテーマは言語、文化、多様性、転勤族、ワーキングマザー、子供の発達、オリンピック、旅行関連。 好きな場所(過去の居住地含む)は、カリフォルニア南部、ポートランド(オレゴン)、バルセロナ、ハンブルグ、パリ、南フランス、ソウル、メルボルン、ハワイ、バリ島、ボラボラ島、京都、大阪、長野、名古屋、横浜、長崎。現在は東京に拠点を持つ。 「地球はとっても丸い」に長崎の街歩きを綴った「さるいてみんね長崎」掲載。
続きを読む

近藤雄生(こんどう ゆうき)/日本・京都(元上海・雲南省・西オーストラリア在住)

   【中国(上海・雲南省)・東南アジア・オーストラリア・京都】 1976年東京生まれ。工学系大学院修了後から取材・執筆活動を始める。2003年、結婚直後に妻とともに日本出国し、5年半にわたって、オーストラリア、東南アジア、中国、ユーラシア大陸各地で旅・定住を繰り返しながら、ルポルタージュなどを月刊誌・週刊誌に発表。2008年に帰国し、以来京都在住。ノンフィクション、サイエンス、エッセイなど、様々な分野で執筆。ルポ掲載媒体は、「新潮45」「G2」「芸術新潮」「世界」「週刊金曜日」「読売ウィークリー」など。英語取材可。京都造形芸術大学/大谷大学 非常勤講師。理系ライターズ「チーム・パスカル」メンバー。著書に『遊牧夫婦』、『中国でお尻を手術。』、『終わりなき旅の終わり 』(以上『遊牧夫婦』シリーズ3部作、ミシマ社)、『旅に出よう 世界にはいろんな生き方があふれてる』(岩波ジュニア新書) ウェブサイト:  
続きを読む

原美和子(はら みわこ)/韓国・釜山

   【韓国(全域)、タイ】 大学卒業後韓国系企業での勤務を経て2002年より韓国に在住。 ライター業歴は10年以上になり、韓国の時事問題、政治、経済、ITビジネス、教育や芸能、美容、グルメ、旅行に至るまで幅広い分野での多くの媒体での執筆を手がけている。特に時事問題、政治、経済、ITビジネス、教育を得意としている。その他、翻訳、通訳の経験もあり。 【書籍】「韓国の下流社会・終わりなき貧困の連鎖」、「韓国の下流社会・貧困で絶望する若者たち」(宝島社) 【雑誌】FQ JAPAN(アクセスインターナショナル)、ひろばユニオン(労働学習センター) 【WEB】WEBRONZA、NEWS PICKS、CNETJAPAN、CATALYST、マイナビニュース、共同通信デジタルEYE「世界から」、グルメ情報サイトSHO CUTE その他多数 (2015~2016年実績)
続きを読む

原田慶子(はらだ けいこ)/ペルー・リマ

    【ペルー、インドネシア】 ペルー・リマ在住ライター、フォトグラファー、コーディネーター。大学在学中よりバックパッカーとしてヨーロッパ、アジアを回り、世界の海を潜る。インドネシアに2年間滞在、その後2006年からペルーに暮らす。得意分野はペルーのグルメ情報や観光情報、日系人について。愛すべきペルーでのちょっぴり不思議な日常風景を、自身のウェブサイトを通じて発信中。 ▼寄稿:朝日新聞社、朝日新聞出版、文化出版社、リクルート、木楽舎、日経BP社など30社以上の取引実績あり ▼『地球の歩き方』ペルー編・エクアドル編担当 ▼『トリコガイド』リマ及び一部地域担当 ▼写真:旅行会社、5つ星ホテルへの写真提供 ▼ラジオ:HNK、FM802に定期出演 ▼テレビ番組作成のための事前リサーチ・コーディネイト ▼共著:朝日新書『値段から世界が見える! 日本よりこんなに安い国、高い国』ペルー編 ブログ:
続きを読む

江草由香(えぐさ ゆか)/日本・神奈川県二宮町 フランス・パリ

     【フランス、パリ】 編集者・ライター・コーディネーター。 96年に渡仏し、99年から10年間パリ発日本語情報誌『Bisouビズ』の編集長を務め、同時に日本の雑誌やWebに情報記事、コラムなどを寄稿。2010年に日仏バイリンガルサイト『BisouJaponビズ・ジャポン』を立ち上げ、ジャパン・エキスポなどパリで行われる見本市で、日本企業や日本人クリエーターの出展をプロデュース、展示会の企画コーディネートの仕事を始める。 2018年に22年間のパリ滞在にピリオドを打ち、日本に帰国。現在、フランス情報サイト『BisouFranceビズ・フランス』運営しながら、ライター、仏語翻訳・通訳を行い、日本とフランスを行ったり来たりの生活を続けている。 『BisouFranceビズ・フランス』 個人ブログ『湘南二宮時々パリ』
続きを読む
12