【アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ、チリ、南極。特にパタゴニア(2008年は7回)】 スペイン学科ラテンアメリカ諸地域研究専攻。1991年公的機関プログラムで日本語教師としてブエノスアイレスへ。ブエノスアイレス在住24年。外国語大学日本語講師17年。現地で大学院(言語科学専攻)に進み、国際会議、視察団、品質管理、セミナー、記者会見などスペイン語通訳、愛知万博ではアルゼンチン館のプロモーションDVD翻訳監修など各種翻訳に従事。「世界ふしぎ発見!」などテレビ撮影コーディネーターとして南アメリカ南部、南極まで出張。1998年最初の日本語によるアルゼンチンHP「素顔のブエノスアイレス」を作成。当地のことを日本の人に知ってもらい、文化、経済など各種レベルの交流を増やすのが人生の使命であり、日常の活動。雑誌、新聞、WEB記事、現地邦字新聞(日本語+スペイン語)に執筆。▼「主観的アルゼンチン・ブエノスアイレス事情」、▼いまどき報告 アルゼンチン編、中国新聞世界の街角から同新聞海外レポート。NGOフンダシオン サダコ主宰。※ラジオ出演可能、取材レポーター、現地製作、現地ディレクター業務、伝送など。…
続きを読む