内田千尋(うちだちひろ)/オーストリア・ウィーン

  【オーストリア、ドイツ、スイス、イギリス、北欧、クロアチア、ボスニア】 英国に生まれ、幼少期から思春期にかけては北米~日本~ヨーロッパで過ごしました。 さまざまな文化に触れ合うことで、いずれは日本とヨーロッパの架け橋となるような仕事がしたいと思い、2002年にオーストリアのウィーンにて旅行会社・イベント企画会社・撮影サポート・エージェントを企業し、現在に至ります。また、10年前よりフリーのコーディネーターとしてもお仕事をお任せいただいております。 ドキュメンタリーや情報番組などのTVロケコーディネートをはじめ、スチール・ムービーのCM撮影のサポートとコーディネートも行っております。 また、国際交流イベントのトータルコーディネーションや視察手配、旅行手配などが必要な際は是非お問い合わせください。 オーストリア・スイス・ドイツ・イギリス・フィンランド・スウェーデン・ノルウェー・アイスランド・クロアチア・ボスニアをはじめ、基本的にヨーロッパであればどの国でも対応いたします。 複数の国をまたぐロケを得意としております。コーディネート業務一般、撮影機材やクルーの現地手配、モデルやタレントの斡…
続きを読む

鈴木文恵(すずきふみえ)/ハンガリー・ブダペスト

     【ハンガリー、ルーマニアなど中東欧各国】 中東欧をウロウロしているトラベルフォトグラファー+ライター。東京生まれ、美大在学中にバックパックを背負って旅する楽しみに目覚め、20代後半に念願だった期限無しの旅へ。アジアからスタートして、シベリア鉄道でヨーロッパに渡り、最終的にハンガリーに流れ着く。ヨーロッパの真ん中に位置している地の利を生かして、現在でも旅の多い生活。ハンガリーをはじめ、ハンガリーと国境を接するルーマニア、セルビア、クロアチア、スロヴェニア、オーストリアなどの周辺諸国から、さらに東のモルドヴァ、ブルガリア、トルコなど様々な国を訪ね歩き、その土地の文化と生活、そこにある空気をテーマに撮影を重ねている。2016年には初著書となる『夢見る美しき古都 ハンガリー・ブダペストへ』(イカロス出版)を出版。 <仕事> 著書:『夢見る美しき古都 ハンガリー・ブダペストへ』(イカロス出版) 共著:『東欧のかわいい陶器』(誠文社新光堂) 雑誌・ガイドブックなど:Skyward(日本航空機内誌)、TRANSIT(講談社)、The Gold(JCB会員誌)、giorni(実業之日本社)、…
続きを読む

シュピッツナーゲル典子(シュピッツナーゲルのりこ)/ドイツ・ハイデルベルク近郊

   【ドイツ・オーストリア】 得意分野・書籍業界、医療・医薬品、教育、ビジネス、グルメ等、幅広く日本のメディアに執筆中。見本市通訳もお受けしています。 テレビ番組制作リサーチならびにコーディネート・経験豊富。テレビやラジオの出演経験もあり。 多数のテレビ番組コーディネートをしましたが、2012年に担当した番組の中ではフジの「たけしのニッポン人白書」における、東日本大震災で津波に飲まれたドイツ人家族の独占インタビューは、大変印象深い取材でした。 主な執筆寄稿先 日経BP 、日経エコマム 、朝日WEBRONZA 、JapanBusinessPress 、(社)日本ショッピング協会 、薬局経営者情報紙Class A Field、 Tarzan , MagazinAlcや旅行誌など。『世界が感嘆する日本人~海外メディアが報じた大震災後のニッポン』(宝島社新書・ドイツより原稿提供)。マインツ・グーテンベルク博物館。ホームページ にも主な仕事歴を掲載してありますのでご覧ください。
続きを読む

スプリスガルト友美(すぷりすがると ともみ)/ポーランド・ポズナン、グダンスク

   【ポーランド】 1976 年東京生まれ。ライター活動、ポーランド語の翻訳、翻訳校正に従事。最近では日本語で書かれた人文系の論文や日本の児童文学をポーランド語に翻訳する作業にも取り組んでいる。 東京外国語大学で、ピアノを習っていた私の憧れだったショパンの国の言語であるポーランド語を専攻し、卒業後翻訳会社に就職。その後、ポーランド文学翻訳を志し、ポーランドへ留学。そこでポーランド人である夫と出会い、結婚。結婚を機に2002年からポーランド在住。ライターとしてこれまでに、ポーランドの本・映画や料理、住宅事情、観光名所、ポーランドでの生活の様子などについて雑誌や新聞、会報誌などに執筆。ほかにも仕事の傍ら、ブログでポーランドの日常を綴っている。2008年8月にポーランドにて娘を出産したことで、ポーランドでの育児や子どもの生活についての記事まで執筆の幅を広げている。 ブログ「poziomkaとポーランドの人々」 ブログ「ポーランドで読んで、ポーランドを書いて」
続きを読む