矢作ルンドベリ智恵子(やはぎるんどべりちえこ)/スウェーデン・ストックホルム

   【スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェー】 2004年よりスウェーデン・ストックホルムに在住。現在、ストックホルム県、テ-ビー 市に在住。日本では、在日スウェーデン大使館、商務部でビジネスコンサルタント業務に携わる。 現在は、ストックホルムにて、海外リサーチ、ビジネスサポート業務、メディアコーディネート、視察のアレンジなどを手掛けています。また、通訳や翻訳、ライターとしても活動しており、共同通信、デジタルサイトコラム『世界から』に、スウェーデンの社会、生活情報を紹介しています。 Global Press会員、ストックホルム公認ガイド サステイナブルな社会を目指して、スウェーデン、北欧から様々な情報・アイデアを日本に提供 しています。スウェーデンと日本の架け橋となるべく、ビジネス、経済、政治、環境、エネルギー、教育、福祉、ジェンダー、ワークバランス、建築、デザイン、観光、文化など様々な分野でサポートいたします。
続きを読む

田口理穂(たぐち りほ)/ドイツ・ハノーファー

   【ドイツ】 ジャーナリスト、ドイツ州裁判所認定通訳・翻訳士(ドイツ語-日本語)、コーディネーター。 日本で新聞記者を経て、1996年よりドイツ在住。ライプニッツ・ハノーファー大学社会学修士。ドイツの環境政策やエネルギー、政治経済、教育、生活全般について、海外在住ライターによるウェブ言論メディア「Speakup Overseas 」をはじめ、「オルタナ」「婦人公論」「週間金曜日」「アエラ」などさまざまな媒体に執筆。2001年より環境団体「ごみ・環境ビジョン21」にドイツの環境事情について「Rihoのドイツ便り」を書いている。学術関係の視察のコーディネートおよび同行通訳もしている。 著書:『なぜドイツではエネルギーシフトが進むのか』(学芸出版社)、『市民がつくった電力会社 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命 』(大月書店)   共著:『「お手本の国」のウソ』 『ニッポンの評判』(共に新潮新書) 日常と非日常が交錯する旅が好きで、訪れた国は30カ国。イスラエルのキブツで2ヶ月ボランティアをしたことも。昨年は初めてブラックアフリカに上陸。人は本当にわかりあえるのか、とちらりと考える…
続きを読む

高橋直子(たかはし なおこ)/ブラジル・リオデジャネイロ市

    【ブラジル全般、中南米も取り扱います】 渡英後、南米ブラジルへと流れ着き、音楽とビーチの街リオデジャネイロに生息。華やかな舞台の裏側に入り込み、ブラジル人の「コラサァン(魂)」を覗くことで、楽しく生を遊ぶことを模索中。アマゾンから未来都市まで、また北米、アルゼンチン、メキシコなど飛び回る毎日。ブラジルの政治・経済、文化、芸術、ファッション、教育情報などをこれまでに「講談社」「小学館」「日経BP社」「アエラ」など50種以上の雑誌に発信している。スポーツやヒューマンドキュメンタリーそして、環境問題、格差社会、市民運動への弾圧などといった問題も取り扱う。メディア関係のプロダクション会社では、NHK、テレ朝、TBS、日テレなどのブラジル、北・南米におけるメディアコーディネートを担当。ドキュメンタリー、ニュース、番組が中心で、中継コーディネートの他、中継などの制作ロジも対応可能。  
続きを読む