川人わかな(かわと わかな)/フランス・パリ&ニース

   【フランス、英国、ギリシャ、イタリア、スペインなどヨーロッパ全域】 フリーランスライター・編集・コーディネイター・通訳(日英仏)・フォトグラファー 南仏ニースやパリの、食やデザイン、ライフスタイルの取材や広告&TV撮影のコーディネイトを中心に活動している。ヨーロッパ全域を取材範囲としており、ヨーロッパ数カ国を横断するような企画を担当することも多い。 得意分野:サスティナブル、オーガニック、食、アート、ファッション、建築、美容&健康など。 ———————————————————————————— <経歴> ロンドン大学キングスカレッジ大学院でアートマネージメントを専攻後、日本で編集者・ライターとして、食カルチャー雑誌やアートウェブマガジンに携わる。紙とデジタルそれぞれの媒体の特徴を活かした取材、ページ作りを得意とする。また、TOYOTAやSONY, PHILIPS、IKEAなどをはじめとした、有名ブランドの広告編集コンテンツ制作も長年担当。2017年に『世界の夢のパン屋さん』大和田 聡子(監修)川人わかな(著)を出版。
続きを読む

鈴木文恵(すずきふみえ)/ハンガリー・ブダペスト

     【ハンガリー、ルーマニアなど中東欧各国】 中東欧をウロウロしているトラベルフォトグラファー+ライター。東京生まれ、美大在学中にバックパックを背負って旅する楽しみに目覚め、20代後半に念願だった期限無しの旅へ。アジアからスタートして、シベリア鉄道でヨーロッパに渡り、最終的にハンガリーに流れ着く。ヨーロッパの真ん中に位置している地の利を生かして、現在でも旅の多い生活。ハンガリーをはじめ、ハンガリーと国境を接するルーマニア、セルビア、クロアチア、スロヴェニア、オーストリアなどの周辺諸国から、さらに東のモルドヴァ、ブルガリア、トルコなど様々な国を訪ね歩き、その土地の文化と生活、そこにある空気をテーマに撮影を重ねている。2016年には初著書となる『夢見る美しき古都 ハンガリー・ブダペストへ』(イカロス出版)を出版。 <仕事> 著書:『夢見る美しき古都 ハンガリー・ブダペストへ』(イカロス出版) 共著:『東欧のかわいい陶器』(誠文社新光堂) 雑誌・ガイドブックなど:Skyward(日本航空機内誌)、TRANSIT(講談社)、The Gold(JCB会員誌)、giorni(実業之日本社)、…
続きを読む

クローディアー真理(くろーでぃあーまり)/ニュージーランド・ニュープリマス

   【ニュージーランド、オーストラリア・ノーフォーク島】 東京で海外情報を担当する編集者・ライターとして約8年間勤務。1998年にニュージーランドに移住してからは、オークランドを拠点に、オークランド戦争記念博物館でのボランティアと短期事務、地元日本語誌の編集に携わる。その後、仕事仲間3人と総合メディア会社を立ち上げ、他誌より一歩踏み込んだ内容の季刊誌を発行。同時に日本の出版社からの依頼で、ガイドブックや雑誌などの取材・執筆を行う。 2003年からはニュープリマスに居を移し、フリーランスライター/ジャーナリストとして活動を開始、現在に至る。ニュージーランド航空やニュージーランド観光局の発行物やウェブサイトなどへの寄稿を経て、近年は環境、ビジネス、テクノロジー、先住民マオリを含む文化、子育て/教育といった分野のリサーチ・取材・執筆を行う。ニュージーランド人の夫、 娘、猫と、移築した築100年を超える家で木々に囲まれて暮らす。詳しいプロフィール、最近手がけた仕事などは、ホームページで。 <主な仕事> ◆『サステナブル・ブランドジャパン』 ◆『日本食べもの通信』(食べもの通信社)  ◆『al…
続きを読む

村岡桂子(むらおかけいこ)/日本・山口

  【ラオス】 3年半のラオス生活を終えて、2010年冬に帰国。現在は小学校で支援員をしながら、翻訳&ライター業も継続中。ラオス滞在中はラオスの文化・教育などについてウェブや雑誌に寄稿。今後は国内の教育事情についても発信予定。(現在、地道に準備中)
続きを読む

ニールセン北村朋子(ニールセン・キタムラ・トモコ)/デンマーク・ロラン島

   【スカンジナビア全般】 aTree主宰。デンマーク・ロラン島在住。ジャーナリスト、コーディネーター、アドバイザー。 会社員、アメリカ留学を経てフリーの映像翻訳家として独立。2001年よりロラン島に移住。森の幼稚園運営委員、ロラン市地域活性化委員を歴任。デンマーク・インターナショナル・プレスセンター・メディア代表メンバー。2012年デンマーク・ジャーナリスト協会東デンマーク地区ジャーナリスト賞(Kreds2 Pris)受賞。同年7月、『ロラン島のエコ・チャレンジ〜デンマーク発、自然エネルギー100%の島』上梓。 ロラン島初となるインターナショナル・フォルケホイスコーレの2019年設立を目指し、準備委員会理事に就任。 再生可能エネルギーや農業、食、教育など持続可能な社会づくりのための取材、メディア・企業・官庁視察コーディネートや日本、デンマーク両国での講演などを行なっている。 2013年9月には、根本復興大臣、甘利経済担当大臣、新藤総務大臣のデンマーク視察のコーディネート及び通訳を担当。 2015年11月には、復興支援を続ける東松島市の名代として、お米の献上のため、デンマーク王国フレ…
続きを読む

長晃枝(ちょう あきえ)/日本・東京

  【中国・韓国】 1964年辰年生まれ。呉服屋の嫁&2女のハハ&フリーライター。2006年度NHKラジオハングルテキストの巻末エッセイのコーナーに韓国のお茶とお菓子事情を1年間連載。2006~2012『地球の歩き方』の中国および韓国関連のガイドブックの編集、執筆を手がける。    
続きを読む