相川知子(あいかわ ともこ)/アルゼンチン共和国・ブエノスアイレス連邦首都

   【アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ、チリ、南極。特にパタゴニア(2008年は7回)】 スペイン学科ラテンアメリカ諸地域研究専攻。1991年公的機関プログラムで日本語教師としてブエノスアイレスへ。ブエノスアイレス在住24年。外国語大学日本語講師17年。現地で大学院(言語科学専攻)に進み、国際会議、視察団、品質管理、セミナー、記者会見などスペイン語通訳、愛知万博ではアルゼンチン館のプロモーションDVD翻訳監修など各種翻訳に従事。「世界ふしぎ発見!」などテレビ撮影コーディネーターとして南アメリカ南部、南極まで出張。1998年最初の日本語によるアルゼンチンHP「素顔のブエノスアイレス」を作成。当地のことを日本の人に知ってもらい、文化、経済など各種レベルの交流を増やすのが人生の使命であり、日常の活動。雑誌、新聞、WEB記事、現地邦字新聞(日本語+スペイン語)に執筆。▼「主観的アルゼンチン・ブエノスアイレス事情」、▼いまどき報告 アルゼンチン編、中国新聞世界の街角から同新聞海外レポート。NGOフンダシオン サダコ主宰。※ラジオ出演可能、取材レポーター、現地製作、現地ディレクター業務、伝送…
続きを読む

片岡恭子(かたおか きょうこ)/日本・東京

     【中南米全般、スペイン、フィリピン】 同志社大学文学研究科修士課程修了。同大学学術情報センターに勤めた後、スペインのマドリッド自治州立コンプルテンセ大学留学。中南米を3年以上放浪。日本で鬱病、ひきこもり、スペインで強盗、ボリビアで暴動、アルゼンチンで遭難、ベネズエラで拘束、コロンビアで盗難と無駄な人生経験はやたらと豊富。ベネズエラで不法労働中、民放テレビ番組をコーディネート。帰国後、NHKラジオ番組にカリスマバックパッカーとして出演。『地球の歩き方』でメキシコ、中米、フィリピンを取材。下手くそなスペイン語と英語を話す運び屋として世界を暗躍中。2020年現在、51カ国歴訪。▼著書:『食べた!見た!死にかけた!「運び屋女子」一人旅』(講談社)、『棄国子女~転がる石という生き方~』(春秋社)▼共著:『ダークツーリズム入門 日本と世界の「負の遺産」を巡礼する旅』(イースト・プレス)など。▼海外在住メディア広場『地球はとっても丸い』「運び屋だけどなんか質問ある?」連載(13年7月~18年12月)▼東洋マーケティング『Tabi Tabi TOYO』「ラテンアメリカ de A a Z」連載…
続きを読む